祈る心すなおな心

  • 2018.07.14 Saturday
  • 09:23

祈りというものと
すなおな心というものとは
直結してる
おんなじだといってもいいんです


そんなことありません
私は
腹立てながら
世界平和の祈りを
やっています
とか
祈れない
という人も
いっぱいいるだろうけれど
それは
過去世からのおもいが今出て
やっと
あらわれて
消えようとしてるんだから
あなたのようだけれど
今のあなた自身じゃないし
本体ってものは
すなおに祈るということを
知ってるわけです
だから
平和の祈りのなかに
私がいつもいってるように
投げ込んでしまえば
いいわけですね


それで
祈ろうとする心
祈り心
祈りというものとすなおさ
というものは
これはもう
血肉の間柄っていいますかね
肉親的だというんじゃなく
たとえば
肉体のその皮膚の下に肉があって
血がながれているという風に
かならず
絶対条件として
この二つは二つながらに
ひとつだ
ということが
いえるんです


祈りは自分のいのちを
宣り出して
そして
自分のいのちと対面してゆくってこと
ですから
すなおに祈りを深めてゆくと
本体の奥の奥にある
みなさんの
天命がひらき
あらわれてくるんです
そういう風になっている
祈りというものは
自分のいのちを自由にする
っていうことです


天命だって
そうです
天命は
さながらのいのちを自覚し
とらわれず
あるがままに働くってことですから
だから本当に
あかるいものなんです
あかるいいのちなんですよ
天命は
それは生命そのもののすがたが
そうですからね
本当に
朗らかな
もんだから
いのちのすがたの
その光明体を
みるということで
祈って天命をおろされる
しらされるっていうことはね
自分自身が
光であることをしる
おわりのない
生きとおしのいのちの
なかにいるってことをしる
もうすでに
愛され
ゆるされ
守られて
今ここにこうして
いのちがあるってことを
しることなんです
世界平和の祈りってのは
無量の光明であり
愛であり
このなかに
神のこころのすべてが
あるんです
人類を愛し
進化させ
光の本体をしらせてやろう
という
神のみこころがあるわけです
先人たちの霊光も
みんな入ってる
結集している祈りです


この祈りに出合ったってことはね
天命に出合い
自分のいのちの朗らかさをしる
道に出合ったって
ことですよ
五井先生に出会ったというのは
そういうことなんだ
そして
みんな私に出会うんです
世界人類が平和でありますように
という祈り言を唱えることによって
何のこだわりもとらわれもない
あかるい自分自身というものに
出会うんです


その途中でつくため息や
ながしてゆく涙を
私は吸いとってるんです
柏手を打って
印をむすんで
世界人類の平和と
みなさん一人ひとりの
天命を祈りながら
あなた方自身が
光であることを
しらせているんです
それは
何度もいうように
すなおな祈りというものから
生まれ、展開してゆきます
祈りのうちに私たちのいのちのすがたを
しずかにこころに描いて参りましょう
世界人類が平和でありますように
    平成2年1月12日

スポンサーサイト

  • 2018.09.22 Saturday
  • 09:23
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    BlogToy

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM